被災地に向けて(遠方支援の難しさ)

こどもの日も近いとあって子供を対象にした支援ができないかと思い、被災地支援を行っているNPO団体等に問い合わせをしてはみたがハッキリと「どこそこの避難所に子供が何人」、「そういった支援を求めているのはどこそこの避難所」と答えてくれる事はなかった。
ならばと現地に近い友人に聞いてみれば「支援物資が充分に行渡っている所と行渡っていない所の差が激しい」との事。
場所によってはライフラインがまるでダメな所もあるとか・・・。
関東圏から支援物資を届けた事のある方に聞いても「何から手を付けたら良いかも解らない所もあった」そうで実際に支援物資を積んで避難所回りでもしない事には細かいニーズは解らないようだ。
これだけ国内外で支援活動が行われてきたにも関わらず物資を満遍なく行渡らせるのは不可能なのだろうか?
この調子では今回も私は具体的な支援活動は出来ずに終わってしまいそうで悲しい。
 
 
イメージ 1
そんな中、被災地から遠い奈良県のバイク仲間が始めた支援活動に参加しました。 
・・・と言ってもステッカーをスクーターのリヤボックスに貼っただけ。
 
「東北関東大震災支援ステッカー」(被災地支援意思表示ステッカーだと思っています) 
 
野球やサッカー選手がユニフォームに貼り付けている様な感覚だと思って下さい。 
制作したバイク仲間からは募金やステッカー代は請求されておりません。 
彼いわく自己啓発の為、「偽善と思われるかもしれないが、他人の評価よりまず自分が後悔しないように行動した。」との事。
先日、コメントを頂いた“museum”さんが引き当てた“岡本太郎”氏の言葉を思い出す。
 
「やろうとしないから、やれないんだ」

私も後悔のない行動をしていきたいと思う。
 
 
 
 
作品№12 河童ロボット(仮名)
 
イメージ 2
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ようやくココまで・・・。カッパに見えますかね?
基本的にプラモデルのパーツですが腕や脚には使用済みのハブラシを使用。
この作品は四万十川カッパ造形大賞に出品する予定でおります。
 
 
 
 
 
 

コメント

nonbiri-tegetege

No title
歯ブラシの使いどころが、オモシロイ!!
頭のサラがあると、なおサラ完璧!!!

KB

No title
>のんびりてげてげさん
ありがとうございます。
サラ・さら・皿…、素材もネタも思い浮かびません(^^;)。
非公開コメント

プロフィール

KB

FC2ブログへようこそ!
KBと申します。
工作とバイクが大好き。
以前は自称廃材アーティストなんて言ってましたがリバイブビルドアーティストと改名…。
広く浅く色々な物に手をだしていた関係で「普通それはないだろ~」的な組み合わせをした再生・転生・蘇生作品を主流に創っております。
バイクの方は金銭的な関係で最近はさっぱりですが・・・(--;)。